本格的に冬、からの呼吸が浅い問題2

上からの続き。


19日。

くしゃみをしても痛みが走らないくらいに回復。これはいける。いける気しかしない。というのは強がりでこの程度で治らないことくらい少し気付いている。夜、仰向けで寝転んでみる。昨日ほど痛みはない。今日は大事をとって壁に持たれ掛かって眠る。

夜中に激痛で目が覚める。どうも知らないうちに横になっていたらしい。しかも左方向に寝返りを打った模様。結果激痛。つらー。最初に戻ったというよりむしろ最初よりも痛みがひどい。その後は1時間に1回くらいのペースで痛みで目が覚める。

20日。

これはやばい。姿勢を正しただけでも痛みが走る。とりあえずレントゲンくらい撮って肺が壊れていないことは確認したい。朝、病院へ向かう。病院ほんと厭。8時半に診察券を入れて順番が回ってきたのが11時すぎ。これだけで躰を壊してしまいそうだ。相変わらずの不愛想なレントゲン技師の指示の元、撮影を完了。

肺、異常なし。肋骨、異常なし。

「ほんとに打ったりしてない?」

何度も何度もこの質問をされるが、打った覚えはない。覚えていないだけかもしれないけども。結局肋間神経痛っぽい、みたいなふわっとした結果となる。不思議なのはこんなに激痛走るのに触っても痛くないんよ。とりあえず内臓は無事。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000