僕のいない世界

こんばんは。

くしゃみが止まらない黒幕です。そういえば秋の花粉が一番ひどいんだったっけ。

3日ほど前に頭を強打。気絶しなかったのが奇跡だったほど。

頭を強打すると、そこから24時間が勝負?らしい。

脳に影響があると、急に倒れたりするんだってね。いやマジ怖い。

2日目。

頭痛が終わりを迎えるどころか、ひどくなっている気さえする。

いや、昨日の痛みってどんなだっけ?こういうのを経て、どんどん弱気になっていくんだよな。

3日目。

このあたりから思考転回。相変わらず頭痛は止まらない。

けれども、なんとなく死に至るものではないと考えるようになる。いや知らないけども。

生と死の分岐点にきたときに、2つの世界が生まれる。

自分がいる世界といない世界。

自分の意識がどっちにあるかというと、自分がいる世界に決まってる。

そういう意味で寿命以外の死というのは存在しないことになる。

じゃ、寿命はどうなんだろう?

単純に恐怖が増してしまうという結果に。

あー、厭だ厭だ。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000