【22年目の告白 -私が殺人犯です-】

たいていの場合、前評判が良すぎて映画館を出るときには「まぁこの程度か」くらいの感想しかないことが多い。特に邦画。そんな捻くれた俺でさえ、今回の映画は素晴らしいと思った。いやもう最高だった。思わずこうしてブログに記事を上げてしまうほどに。

すべての伏線が違和感なく回収される。事前の告知や配役まですべてがストーリーを倍以上に素晴らしいものにしている。いやほんと傑作だよ。

「なんだか最近詰まらない」とか「平凡だ」「自分と向き合いた」とかそういう思いがイチミリでもあるのであれば、ぜひ観て欲しい作品だ。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000