コラボ楽曲「あめ」

コラボのために曲を描く。とはいえ、個人的な思いとしては個々でも演奏したいと思えるくらいの曲を描きたい。結果としてそれくらいのクオリティの曲だったか自分では判断できないけども、いまだに双月彩(現在は真白彩)はステージで唄ってくれている。

あめ

作詞・歌  :真白 彩

作曲・ギター:ストリートの黒幕

編曲・ピアノ:なると

曲を描いた者としてこれほど嬉しいことはない。さらになるとさんによる編曲も加わり曲にさらなる重みが増したと思っている。


曲を作るに当たって割りと真剣に考えた。割とねw

ストーカーの歌詞ということもありどうすればその恐怖がポップに伝わるのか。犯罪チックに伝わってしまうとほんとにただの恐怖だし。なので俺の中では「純愛」という位置づけで曲を描いた。描いたつもり。

このコラボ曲はなんとCDにもなっている。ここでもCDならではの特典をどうしても付けたかった。それが「踏切」の生音と「双月彩の台詞」の挿入だった。踏切音は最寄の踏み切りまで行ってiPhoneで録音。家に帰ってギターと合わせるとなんか違う。もう一度、踏切まで行き違う場所で録音。みたいなことを繰り返した。だいたいこういうのってCD完成間近で思いついたりするのでほんと大変だったのを覚えている。というか勝手に大変にしたわけだけどもw


そういう曲が今も自分の知らないところで自分の居ないところで唄われているというのは本当に嬉しいことだ。さらに魂のこもった曲になるために今も前進しているというわけだ。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000