ここまでの40年。ここからの40年。

休みの日。やりたいこともやることも終わって、ちょっと時間が空いた時に「そうだ。ちょっと試したいことがあったんだ」と、仕事を始めてしまうくらいに社畜です。黒幕でした。

生き続けて今年で40年。ここまでの40年は働いていない自分がそれを占めている。社会に出るということを本当の意味で意識したのは、社会に出てからだったように思う。就職活動中なんて大学受験の延長のような気持ちだったし。卒業するから次は就職みたいな当たり前というか、世間の流れに流されていただけだし。ということで、社会人2年目くらいでようやく社会に出たんだという実感が湧いてきたように思う。

ここからの40年は言語に絶する。その大半を社会的義務のようなものから解放されていた前半戦に比べ、後半戦はそのすべてのルールを理解した上で送らなければならない。要するに2周目なのだ。後先考えずに飛び込んでいった1周目とは違い、上手くやろうという気持ちが前のめりになっている2周目なのだ。それだけで面倒臭いという気持ちでいっぱいになるし、きっと面倒臭いのだろう。それ以上に何か素敵なことを見つけないと、ただ生きているという毎日を送る羽目になってしまう。


もちろんそんな素敵なものが簡単に見つかるようならば、ここまでの話みたいなことを思いつく暇さえないんだろうと思う。知らんけど。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000