親友の定義

結論からいうと「都合の良い関係」だ。

誤解を招くこと間違いない表現の登場である。ここで読むことを止めてしまっては、完全に誤解をしたままになってしまうので渋々最後まで読んで欲しい。


価値観が近いだとか趣味が似てるだとか、最初はそういうことだと思っていた。要するに友だちの先に親友があると思っていた。けども、そもそもそれが間違っていた。友だちと親友はそもそも違うのだ。それはハンバーグとステーキくらいに違う。なんか似てる感じだけども、そもそも違うのだ。価値観が似てるとかそういう次元の話ではない。

親友。それは見返りなしに際限なく相手の為に何かができるということだ。つまり都合の良い関係なのだ。双方がそう思っていないと成り立たない。片方でもそのバランスを崩せばあっという間に関係は壊れてしまう。その絶妙なバランス関係が親友なんだと思う。

『友情は見返りを求めない』

俺が好きなアドベンチャーゲームのセリフだ。まさにその通りなのだ。そしてそれを心の底から思っていないといけない。いけないというかそういうものだとと認識していないといけない。共に歩くその先に何があってもどうでもいいのだ。それが例え成功だとか楽しいものじゃなくても関係ない。目的ではなく手段を共有することこそなのだ。


一蓮托生。君の一歩のために、まずは俺が二歩行こう。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000