2か月引き籠り生活

2ヶ月弱による軟禁生活。スーパーはネットスーパーに。買い物は楽天で。外に出るのは健康のために、午前中20分程度の散歩だけ。個人的には引き籠もっての生活には慣れている。いまやスマホさえあれば世界と繋がることができる。実際の話。


仕事もリモートワーク。会社は

「そんなんで本当に仕事ができるの!?」

「ちゃんと指示出せるの!?」

なんて言ってたけども、なんのためにChatworkやハングアウトを使ってるのか。さらにはVPNも構築してるので社内LANにだって接続可能。これだけの環境があるのに対面でないと指示が出せないなんてそっちのほうが社内評価下がると思うけど?

ということで2ヶ月弱のリモートワーク。仕事上で困ることは全くなく、むしろ雑音がなくて捗る捗る。やっぱプログラマってこういう環境向いてるなー。むしろこういう環境で働ける仕事を探した結果、プログラマだったという反対の論理だと思い出した。


こんな状況なのでやりたくても言い訳してやってこなかったことをやってみた。

・歌の配信 → Facebook配信で叶う

・パソコンからの配信 → LINE LiveとYouTube配信で叶う


・フリーソフトの配信 → 配信できるようにアプリをカスタマイズするものの配信まで至らず

・たかみとのトーク配信 → ZoomとYouTube配信で叶う


来週からは通常出勤。今後今までと全く同じ勤務体勢に戻る会社と次のステップに進む会社がある。どっちが生き残る可能性が高いんだろうねー。なんて。

ストリートの黒幕

今日からあなたが居ない世界 今から僕は要らない世界

0コメント

  • 1000 / 1000