曲を描く。この場合の曲というのは歌詞付きの曲の話。歌詞に限らず文章を書くときに割と漢字にこだわっている。「体」も「躰」って書きたい。けど歌詞のときは「体」って描いてるなw


真っ白いキャンパスに絵を描く

曲を描くのはそんなイメージ。なので文章では「描く」って書いてる。


曲を描くときは概ね特定少数の人に向けて描くことが多い。大昔から「大衆受けしない」と言われ続けてきたけども、その方向性を変えようと思ったことはない。お金が貰えるようになるっていうよりも自分の想いを形に出来ればいいなっていう理想郷を目指している。一言で言うと売れないミュージシャンの言い訳みたいな理想郷だ。曲のコンセプトは「行きすぎた愛」全編通してこのコンセプトを貫いている。貫いているかもしれない。貫けてたらいいな。


そういえば初めて就職するときも「どうしてプログラマーになりたいのか」面接で聞かれたとき

「曲を描くときは真っ白いキャンバスに描くような感じです。プログラムもそれに似ていると思いました」なんて言ったのを覚えている。そして俺はこのときプログラミングをいちミリもやったことがなかったのだったw