俺が使っているNikonのカメラはWebcam UtilityをインストールすることでパソコンのWEBカメラとして利用することができる。出落ちもいいとこでこれがすべてだ。「なるほど!」と思った人はこれ以上読む必要は全くない。

Nikon | Download center | Webcam Utility (Windows)

ご使用の端末はこのダウンロードサービスに対応しておりませんが、情報のみご覧いただけます。ダウンロードリンクをメールで送り、パソコンでダウンロードすることができます。OS環境に合わせてクリックしてください。本ソフトウェアは、お客様保有の上記製品 (以下対象製品という) 向けのプログラムです。 本ソフトウェアは下記の同意書にご同意いただいた場合に提供させていただきます。お客様が「同意する」にチェックして、「ダウンロード」を選択されたときは、本同意書にご同意頂けたものとします。本同意書の内容をよくご確認のうえ、本ソフトウェアのダウンロードを開始してください。Webcam Utility は、ニコンカメラを PC と USB ケーブルでつなげて Web カメラとして利用することが可能になるモジュールです。 Web 会議ソフトウェアで外部カメラを選択すると「Webcam Utility」と表示されます。選択することで Web カメラとして活用することが可能です。※ Windows は、米国 Microsoft 社の米国および各国における登録商標です。 ※ その他の会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。S-NWU___-010002WF-ALLIN-ALL___.exe(約55.61 MB)S-NWU___-010002WF-ALLIN-ALL___.exe(約55.61 MB)S-NWU___-010002WF-ALLIN-ALL___.exe(約55.61 MB)S-NWU___-010002WF-ALLIN-ALL___.exe(約55.61 MB)S-NWU___-010002WF-ALLIN-ALL___.exe(約55.61 MB)PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。(無料)Adobe® Reader®のダウンロードはこちら。© 2021 Nikon Corporation

downloadcenter.nikonimglib.com

どうしてデジカメをWEBカメラとして使いたかったか。これが今回のお題。Live配信をする際にオーディオインターフェースを使ってマイクとギターを接続し、かつガレージバンドで音色を編集しそれを配信に乗せたい場合、パソコンが必須となる。最近のノートパソコンにはカメラが付いているからそのカメラを使っての配信となる。必然的にノートパソコンは演奏者から少し離れた場所に配置することになる。リバーブなどをかけているとMCの最中はそれをOFFにしたい。そのときにノートパソコンを操作し難いことこの上ない。


そこでWEBカメラの導入というわけだ。

実際にノートパソコンとデジカメを繋いだのが上の写真。距離的には特に問題がなく演奏者はノートパソコンを容易に操作可能となる。iPhoneも自由にできるのでこれで実際の配信の様子をチェックすることもコメントをチェックすることもできる。


けども。けれどもね。


なんか画角が小さくなってしまったのよ。許容可能な解像度の問題なのかな?デジカメって動画のときってそんなに解像度大きくないとか?その辺は調べれば分かるけども、上の画像が結果なので調べる気力も沸かない。


出来ないということもひとつの結果。知らんけど。やっぱパソコン用のWEBカメラ買わんとあかんかなー。ちなみに買うならオートフォーカスは必須。